お中元

トップページ 新着情報 商品一覧 お支払・発送方法について 店舗概要 FAX注文 お問い合わせ
中元
お中元
           普段お世話になっているあの方へ。
           お中元に海産物はいかがでしょうか?
 

****************

お中元とは

****************


今年もお中元の季節がやってきました。お世話になった方への贈り物はお決まりですか?

そもそもお中元とは一体どういうものなのでしょうか。
お中元とは1年の上半期の区切りの意味で、
日頃お世話になっている方々に、贈り物をする習慣のことをいいます。

お中元は元々中国の季節古代中国には道教の天神信仰があり、上元(1月15日)、中元(7月15日)、下元(10月15日)の三元の日に天神を奉った(まつった)そうで、うち7月15日の中元が仏教の「盂蘭盆会」(お盆)の行事と結びついたと言われています。

日本では、
正月と7月(盆)を1年の始めとし、区切りとして親類や世話になった方々に
盆歳暮などといって品物を贈る習慣があったそうです。
現在は中国から伝わったお中元と盆歳暮が合わさり、盆に贈るお中元だけとなりました。
お中元のことを地方では「盆供」や「盆礼」と呼ぶところもあるそうです。


     

****************

お中元の贈り方

****************


お中元を贈る時期

7月〜8月のお盆までの間が一般的です。
東日本は7月初めから中頃、関西から西のほうは8月にする事が一般的とされています。


お中元が遅れてしまったら?

地域によってお中元の贈り物の習慣が早い地域と遅い地域があるので、
一概に「この日以降にお中元を送ってしまうと遅い」という事は言えないと思いますが、
もし「お中元を贈るのはちょっと時期が遅くなってしまったかな」と感じられる方は
「暑中お見舞い」として届ける事が良いとされており、
目上の方へ贈る場合は、「暑中御伺い」が良いとされています。
暑中見舞いは8月8日頃の立冬までにする事が一般的とされています。
それ以降だと「残暑お見舞い」、目上の方へ贈る場合は「残暑御伺い」が
好ましいとされています。


お中元に適した商品とは?

ビール・缶詰・海産物・海苔・洋菓子・調味料など食料品や日用品で
3千円~5千円くらいが一般的です。
お中元で贈ると失礼にあたる品物は「踏みつける」という意味の履物類。
時計や筆記用具類は「勤勉奨励」の意味があり、
目上の人に贈るにはふさわしくない品物とされています。


****************

お中元を頂いたら

****************


特にお返しの必要はないとされています。
電話やお手紙などで感謝の心を伝えましょう。
それでも気がすまない場合はお返しのお中元を贈る事も良いでしょう。
喪中の場合でもお中元を贈ることに差し支えはないとされていますが
忌中(忌明け祭前)の場合や気になる場合は
時期をずらして暑中見舞いや残暑見舞いの形で贈る事も良いとされています。




天草海鮮市場 商品一覧
天草海鮮市場 商品ページへ



****************

この記事は記者が調べた中で一般的であると
感じ・考えたものを掲載しております。
常に最新の正確な内容であることを保証するものではありません。
又、内容は随時変更・追加を行ないます。

****************